【アンパンマン】ジャムおじさんとバタコさんは何者?2人の正体を調査

スポンサーリンク
アニメ

みんなのヒーローアンパンマン。

アンパンマンワールドにはたくさんのキャラクターが存在しますよね。

その中でも今回は、「それいけ!アンパンマン」の放送開始1回目から登場している超重要人物の「ジャムおじさん」「バタコさん」について、詳しく見ていきたいと思います。

あまりに有名な2人ですが、いったいどんな人物なのか、本名や関係性、気になる噂なども含めて掘り下げていきましょう!

スポンサーリンク

ジャムおじさんとバタコさんはこんな人

アンパンマンワールドの中でも有名すぎるキャラクターの「ジャムおじさん」と「バタコさん」。

アンパンマンの顔を作っているパン工場の2人ですが、いったいどんな人物なのでしょうか。

ジャムおじさんとバタコさんの声優は?

まずはTVアニメ「それいけ!アンパンマン」で、ジャムおじさんとバタコさんの声を担当している声優さんから紹介していきます。

ジャムおじさんの声優

テレビ放送開始当初の1988年から2019年までの31年間、初代ジャムおじさんの声優を務めていたのは、増岡弘さんでした。

増岡弘さんは、ジャムおじさんのほかにも、「サザエさん」のフグタマスオ役を1978年から41年間務めていたことでも有名です。

2019年8月、高齢を理由にジャムおじさん役もマスオさん役もどちらも降板しました。

それから約半年後の2020年3月、増岡弘さんはお亡くなりになりました。あまりに偉大な方でした。

そして2019年8月からは、2代目ジャムおじさんを山寺宏一さんが務めています。

山寺宏一さんは、ほかにも声優として「アラジン」のジーニーや「かいけつゾロリ」のゾロリなど、数々の有名なキャラクターを演じています。

現在「それいけ!アンパンマン」のキャラクターだけでも、ジャムおじさん、めいけんチーズ、カバオくん、カバオくんのお父さん、かまめしどん、ゆずじいや、やなせうさぎなど、数え切れないほどの役を演じています。

もはやアンパンマンのアニメは山寺さん抜きでは成り立たないと言っても過言ではありません。

バタコさんの声優

一方、バタコさんの声優はTVアニメ放送開始以来、ずっと佐久間レイさんが務めていらっしゃいます。

佐久間レイさんも超!有名な声優さんで、バタコさんのほかにも「魔女の宅急便」のジジ、「おねがいマイメロディ」のマイメロディ、「らんま1/2」のシャンプーなど、数え切れないほどのキャラクターを演じています。

また、「それいけ!アンパンマン」の中でも、バタコさんのほかにみみせんせい、ピョン吉、ウサ子、スケールちゃん、ドレミ姫なども兼任していました。

それにしてもアンパンマンって同じ声優さんが複数のキャラクターを演じまくっていることに驚きますね。

ジャムおじさんとバタコさんの本名は?

そんなジャムおじさんとバタコさんには本名があるのか、気になりますよね。

調べてみましたが、どうやらジャムおじさんとバタコさんの本名はそのまま「ジャム」「バタコ」のようです。

「ジャム」という名前のおじさんと「バタコ」という名前の女の子。

それ以外の情報はありませんでした。

テレビの字幕から見てもわかるように、ジャムおじさんは「ジャム」が名前です。

「ジャムおじ」という名前に敬称の「さん」を付けて「ジャムおじさん」とする説や、「ジャムおじさん」そのものがフルネームとする説がありますが、「ジャム」が名前のようです。

その証拠に、アニメ放送当初には、バタコさんはジャムおじさんのことを、単に「おじさん」と呼んでいた過去があります。

また、

同じくアニメの中で、ばいきんまんはジャムおじさんのことを「ジャム」と呼び捨てにしていたことがあります。

にも関わらず、みんながジャムおじさんとバタコさんの本名について混乱するのは公式ページのせいなのでしょう。

ジャムおじさんもバタコさんも敬称付きで掲載されています。

すべて引っくるめてフルネームだと思ってしまうのも無理はありません。

公式ページでは、ジャムおじさんとバタコさん以外にも「さん」や「くん」、「ちゃん」などが付いて掲載されているキャラクターが複数存在します。

となると、もしかしたらそっちが正式なのかも……?

スポンサーリンク

ジャムおじさんとバタコさんの関係は?

みんなが気になるジャムおじさんとバタコさんの関係ですが、なんと2人は無関係だというから驚きです。

画像引用元:アンパンマン公式ポータルサイト

「無関係なんです」の字面の破壊力。すごいです。

まさか無関係だとは夢にも思いませんでしたよね。

親子でも肉親でもないなんて……。

とはいえ、「一緒に暮らしているので非常に家族に近い関係」とのこと。

ますます謎が深まるばかりです。

絵本の中では娘?

しかし、アンパンマン初期の頃の設定では、絵本や新聞などでも「バタコさんはジャムおじさんの一人娘」として紹介されていました。

当時の絵本を読んでいた世代の人たちは、今でもバタコさんはジャムおじさんの娘だと思い込んでいることでしょう。

アニメの中では孫?姪っ子?助手?

TVアニメ「それいけ!アンパンマン」の第1話目で、ジャムおじさんが自己紹介をし、そのすぐ後に、バタコさんは自分のことを「わたし、孫のバタコ」と言っています(現在はセリフも変更されています)。

そのため、初期の頃の設定では「おじいさんと孫」という関係だったようです。

しかし、先述の通りバタコさんがアニメの中でジャムおじさんのことを単に「おじさん」と呼んでいたせいで、「おじさんと姪っ子」という関係性が一般に浸透していきました。

そして、アニメ中期からは「助手」という設定に変わり、現在のように「親子でも肉親でもない無関係の他人」という関係になりました。

このようにジャムおじさんとバタコさんの関係性は、アンパンマンのアニメの歴史と共に徐々に変化していますが、最新の公式ページの情報によると「赤の他人」なのです。

なんだか寂しいですね。

スポンサーリンク

ジャムおじさんとバタコさんに関して気になる噂

ジャムおじさんもバタコさんも、面白い噂の多い2人です。

ここからは、ジャムおじさんとバタコさんに関しての気になる噂を紹介していきたいと思います。

ジャムおじさんとバタコさんは人間じゃない?!妖精って本当?

まずはジャムおじさんとバタコさんが人間ではないという噂。

調べてみたところ、確かに2人は人間ではありませんでした。

画像引用元:アンパンマン公式ポータルサイト

なんとアンパンマンワールドには人間はいないんですね!

ジャムおじさんとバタコさんも妖精だったようです。

それならもっと妖精らしいキャラクターにしたら良いのに、なぜわざわざ人間の姿をしているんでしょうか。

というのも、これもアンパンマンの初期から設定が変更になっているためなのです。

初期のアンパンマンでは、ジャムおじさんもバタコさんもちゃんと(?)人間でした。

現在ではもう記載されていませんが、アニメの番組サイトで「ふつうのにんげん」と紹介されていました。

そのせいで情報が混同してしまったのでしょう。

チーズはジャムおじさんとバタコさんのペット?

ジャムおじさんとバタコさんの住むパン工場で一緒に暮らしているめいけんチーズ。チーズは2人のペットなのでしょうか。

めいけんチーズの初登場は、サンリオ発行の月刊誌「いちごえほん」で漫画「あんぱんまん」が連載されていた頃のこと。

いちごえほんの第65回(1982年1月号)で初めて出てきたチーズは、なんとばいきんまんの手先でした。

犬嫌いのアンパンマンへの嫌がらせとして、ばいきんまんが送り込んだのがチーズだったのです。

しかしバタコさんにすっかり懐いてしまい、そのまま寝返ってパン工場に住みついたのが現在のチーズです。

ここまでの話だとペットというよりも「居候」に近いような気もしますね。

現在の公式ページ上では、森の中でお腹を空かせて泣いていたところをアンパンマンに助けられ、それから居付いたことになっています。

そして実は「言葉も通じる」し、「アンパンマンたちを助けることもある」と紹介されていますので、ペットというよりも「仲間」に近い存在なのでしょう。

ジャムおじさんとバタコさんの年収は?

続いては、ジャムおじさんとバタコさんの年収はいくらなのか。

調べてみましたが、公式では年収の公表はされていませんでした。

アンパンマンワールドの中には人間は存在しない設定ですので、当然といえば当然なんですが。

となると、アンパンマンワールドの中での通貨はきっと日本円ではないでしょうし、そもそも年収なんて概念は存在しないのかもしれません。

つまり、ジャムおじさんとバタコさんは無収入で働いている可能性すらあるのです。

しかしここはあえて、一般的なパン工場の個人経営の方や、パン工場勤務の方の年収から算出してみましょう。

一般的に、パン屋を個人で開業した場合の平均年収は350万円程度といわれています。(参照:アーキクラウド

加えてジャムおじさんは発明家でもあり研究者でもあります。

研究者の平均年収は約585万円です。(参照:求人ボックス給料ナビ

パン工場の収入に、研究者としての収入、発明家としてのライセンス収入なども合わせると、ジャムおじさんの年収は軽く1000万円以上はありそうです!

一方、バタコさんはパン工場の助手ですから、もしかしたら平均年収の350万円より低いかもしれません。

ジャムおじさんの趣味はバイク!バタコさんの趣味は?

2012年4月13日放送の第1122話「ジャムおじさんの休日」では、ジャムおじさんが趣味のバイクに乗るシーンが話題となりました。

ジャムおじさんはツーリングが趣味で、愛車のハーレーを乗り回しています。

意外ですがかっこいいですね!

しかしバタコさんの趣味については、調べてみても出てきません。

公式ページの「なかまの紹介」によると、「料理やお菓子作りのほかに裁縫が得意」と書いてありますから、おそらく趣味でもあるのだろうと推測されます。

とはいえ、ジャムおじさんと違ってバタコさんはまだまだ謎に包まれている部分が多いですね。

ジャムおじさんとバタコさんの怖い歌がある

最後にご紹介するのは、ジャムおじさんとバタコさんが歌う「怖い歌」があるという噂です。

こちらの「生きてるパンをつくろう」という歌は、ジャムおじさんとバタコさんが歌っています。

とっても明るい曲調と可愛らしい歌声がマッチしたポップな歌に聞こえますが、実は歌詞がとんでもなくぶっ飛んでいるのです。

現在You Tubeなどでは、若干歌詞が変更になっている「生きてるパンをつくろう~Brand New ver.」が聞けますが、当時、元の歌詞が怖いと話題になりました。

怖いと問題になった部分はずばりラスト。

ジャムおじさんとバタコさんが、2人で陽気に、明るい声で「死んでしまう」と連呼するのです。

怖すぎます。

ラストの歌詞だけでなく、全文通して「命がけでパンを作ろう」という結構重たい内容なんですが、特にラストの「死んでしまう」の連呼はあまりに強烈で、子どもも大人も恐怖で震え上がりました。

やなせたかしさんが作詞を手掛けた曲ですから、メッセージ性も強く、深い意味があったに違いないのですが、子どもたちに聞かせるにはちょっと刺激が強すぎました。

あまりの不気味さに大きな波紋を呼び、現在では問題の部分は「生きられない」に変更されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました